mML第76号

【修得の難易度】★〜★★鮮やかな貫通『リング、ロープ&ウォンド』とパスの最も巧妙な使い方を学ぶ!

 今月号では、「鮮やかな貫通『リング、ロープ&ウォンド』とパスの最も巧妙な使い方を学ぶ!」と題しまして、計6手順をご紹介いたします。

 「パス」の最も巧妙な使い方として評価の高い「パス・アット・レッド」や観客の「指紋」や「脈拍」といった身体的反応でカードを当ててみせる「フィンガープリント・カードトリック」、「パルス・トリック」、さらにロープからの指輪の脱出をストローに貫通させることで鮮やかな現象に演出された「リング、ロープ&ウォンド」など盛りだくさんの内容となっております。

特集:「パス」の意外な活用法!

パス・アット・レッド(Roy Walton
マジシャンは、デックの半分ほどのカードを抜き出し、その中に「特別なカード」3枚を混ぜ込みます。 その中から表を見ずに観客に3枚選び出してもらった後、残りを見ると全て黒いカードなのです。 そして、観客が選び出したカードだけが、なぜか3枚とも赤いカードなのです!
リバース・カード(Dr. Jocob Daley)
観客のカードをデックに戻し、デックの一番上にも下にもないことを示します。 ここで、あらかじめ出しておいたカードをめくり、その数字の分だけデックのトップから配ってもらうと、なんと観客のカードが表向きで現れます!

特集「指紋」と「脈拍」でカードを当てる!?

フィンガープリント・カードトリック(Dai Vernon/ゆうきとも
観客に覚えてもらったカードをデックに戻した後、マジシャンは観客の指紋でカードを探し当てると言って、まず数枚のカードを候補として出します。 さらに1枚ずつ確認していきながら、最終的に1枚に絞り込みます。 マジシャンが残したカードは観客のカードではないはずなのですが、カードをめくると、なぜか観客のカードに変わっているのです!
パルス・トリック
適当に1枚のカードを選んでもらった後、マジシャンは観客の手首を握り、嘘発見器のように、観客の脈拍の変化を察知して見事にカードを当てて見せます! 二度目は立場を逆転させてやってもらいますが、観客も、マジシャンの脈拍の変化から、見事に選んだカードを当ててしまうのです!
指輪の透視術
誰も表を見ない状態で1枚のカードをデックから選び、裏向きのままテーブルに出します。 観客に、指輪越しにカードをじっと見つめてもらいます。 すると、観客は見事にマークと数字を当ててしまうのです!

特集:ドラマチックな指輪の貫通!

リング、ロープ&ウォンド(Charlie Miller/Daryl)
マジシャンは、指輪をロープの中央に通して握り込みます。 それから、両脇の観客にストローの両端、さらにロープの両端を掴んでもらいます。 この状態から、マジシャンがロープとストローの中央を握り込んでおまじないをかけると、なんと指輪はロープからストローの中央へと貫通して移ってしまいます!

この号で収録されている技法・用語

デイリーのリバース技法、クリフトン・ムーブ

Roy Walton、Dr. Jacob Daley、Dai Vernon、Charlie Miller、Daryl


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-25 (金) 18:10:26 (3151d)