mML第30号

【修得の難易度】★〜★★☆ ダイ・ヴァーノン原案の「トライアンフ」を学ぶ!

 今月号では、「ダイ・ヴァーノン原案のトライアンフを学ぶ!」と題して、『トライアンフ・シャフル』を中心に、盛りだくさんの内容を収録致しました!

 カードマジックでは、「トライアンフ」、「アウト・オブ・サイト」、「カード・スルー・マット」の3作品を取り上げています。  特に、「トライアンフ」では、原案のダイ・ヴァーノンの手順と、それにアレンジを加えたゆうきともの2つの手順を詳細に解説しております。現在では、様々な手順が発表されている「トライアンフ」ですが、まずはヴァーノンの原案を学び、その完成度に改めて驚いて頂きたいと思います。  その後で学んでいただく、ゆうきともの手順では、アップ・ザ・ラダー・シャフルを用いるなど、ヴァーノンの原案よりも、改めをよりコンパクトで、スピーディーにすることに成功しています。どうぞ、2つの手順の違いをお楽しみ下さい。

 また、カードマジック以外では、「ジプシー・スレッド」を取り上げています。復活現象をテーマにしたクラシックな傑作ともいえる本作ですが、非常に効果的なトリックです。この機会にぜひ習得していただければと思います。

特集:トライアンフ・シャフルを学ぶ!

トライアンフ(Dai Vernon版 & Tomo Yuki版)
マジシャンはトランプを取り出し、観客に1枚選んで見て覚えてもらいます。その後、トランプを裏表バラバラに混ぜてしまいますが、おまじないをかけると、観客の選んだカード以外が全て裏向きに揃ってしまいます。
カード・スルー・マット(Dai Vernon & Tomo Yuki)
4枚のAが次々とマットを通り抜け、1カ所に集まります。
アウト・オブ・サイト(Tom Ogden& Tomo Yuki)
観客の手によってバラバラに混ぜたはずのカードが、マークごとにきれいに揃って現れます。

特集:復活現象の古典を学ぶ!

ジプシー・スレッド
・マジシャンは、一本の糸を細かく切り、短い束にします。この束を丸め、糸玉を作ります。この糸玉を再び引き延ばすと、短く切られたはずの糸は、一本の長い糸に戻っているのです。

この号で収録されている技法・用語

トライアンフ・シャフル、アップ・ザ・ラダー・シャフル、封筒やポストカードを使ったラブ・バニッシュ(ラブ・バニッシュ)

トライアンフ

Dai Vernon、Tom Ogden


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-27 (火) 16:09:35 (3489d)