mML第135号

【修得の難易度】★☆〜★★鮮やかさと不可解さを兼ね備えた快作「サイコトロニック・カード」を学ぶ!

 今月号では、「鮮やかさと不可解さを兼ね備えた快作『サイコトロニック・カード』を学ぶ!」と題しまして、計5手順をご紹介いたします。

 「サイコトロニック・カード」は、ミステリーカードのプロットとパーム・オフのプロットを融合させた手順ですが、最大の特徴はカード消失の鮮やかさにあります。青裏の4枚のキングの中に入れた1枚の赤裏のサインカードが、本当に忽然と消失してしまいます。そして、あらかじめデックにリバースしておいた「謎のカード」が、実は後からサインしたカードであった、という不条理な結末は、観客の頭を悩ませるものです。ショーのクライマックス級のインパクトのある手順が、ほぼ準備不要で行え、しかも難しくないという点が大変実用的です。

また、「あなたの目の前で」という作品は、非常に巧妙なアイデアにより、合理的に3段構成の現象が起こせる作品です。その中で、アル・ベイカー氏が考案したユニークなフォース技法も活用しております。

 「シンプリファイド・オールバックス」「パームレス・ポケットカード」「クリア・トライアンフ」の3作品は、ある共通のギミックカードをたった1枚だけ使用することで、易しく行えるように手順が組まれています。続けて演じることもでき、個別にも活用できる作品群です。ぜひ、皆様のレパートリーにお加えください。

 「実践派のためのクイックマジック」「ワークショップ」のコーナーも健在です。実践的なレパートリー、実用的なアドバイスが満載となっております。

特集:目の前でも魔法は起こる!

サイコトロニック・カード(Darwin Ortiz)
赤裏のデックで、マジシャンは「気になるカード」を1枚だけ裏向きに返しておきます。 それ以外の表向きのカードから1枚を自由に選んでもらい、表にサインしてもらいます。 青裏のデックから抜き出した4枚のキングの中に、選ばれた赤裏のサインカードを差し込むと、なんと完全に消えてしまいます! 赤裏デックの裏向きカードを見てみると、奇妙なことに、それが観客のサインカードとなっているのです。
あなたの目の前で(加藤英夫/ゆうきとも
一組のデックを半分に分けてもらい、分けた場所のカードを取って覚えてもらいます。 そのカードを残りの山の中に戻してカードケースにしまいます。 この状態で、マジシャンは観客のカードをズバリ言い当ててしまい、さらにケースから取り出すと、選ばれたカードが中央で1枚だけひっくり返っています! その状態で観客におまじないをかけてもらうと、選ばれたカードと同じ数字の4枚が揃って現れます!

特集:名作を、さらに易しくシンプルに!

シンプリファイド・オールバックス(ゆうきとも
両面に裏模様が印刷されたデックから、4枚のカードを抜き出します。 1枚ずつ順に、トランプの表が現れていき、最終的に、観客が指定した数字のフォーオブアカインドが出来上がります。 さらに残りのデックにも表が現れて、一組の「普通のトランプ」になってしまうのです。
パームレス・ポケットカード(Horace Bennett/ゆうきとも
観客に1〜10の間で数字を1つ思ってもらい、その枚数目のカードを覚えてもらいます。 マジシャンは、1枚のカードを探り当てて、胸ポケットにしまいます。 ここで初めて観客に思った数字を聞きますが、その枚数目を見ても、観客のカードはありません。 ポケットのカードを取り出して表を見てみると、それが観客が覚えたカードなのです!
クリア・トライアンフ
デックから1枚のカードを選んで覚えてもらいます。 そのカードを、裏表をばらばらに混ぜたデックに戻してもらいます。 おまじないをかけてデックを広げると、なんと、カードは裏向きに揃ってしまい、その中で選ばれたカードだけが表向きになっているのです!

特集:ワークショップ

通いの碁石(mML第87号より)

特集:実践派のためのクイックマジック

キツネとニワトリ

この号で収録されている技法・用語

Darwin Ortiz、加藤英夫、Horace Bennett、アル・ベイカーのインポシブル・カード・フォース


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-13 (日) 21:35:48 (680d)