• [ 商品コード ] RC027
  • 【ギャンブラーに!?】Bee(ビー)〜フチなしデックの定番レギュラー!〜
※この商品を単品でご注文の場合、メール便送料250円がかかります。
 他のメール便対応商品と合わせて1,960円以上のご注文ですと、送料無料となります。
ファン待望の「ビー」デック。ついに取り扱いを開始しました!

白フチのないデザインのカードと言えばこれしかないでしょう!




どんな内容?

皆さんご存じ、おなじみの「ビー」です。
バイシクルなどとは対照的な、フチまでベタに模様が入っているバックデザイン。
カジノでは最も使われているブランドと言っても良いでしょう。










ここがポイント!

セカンドディールなどのフォールスディール
それを駆使するようなギャンブリングデモンストレーション
モンテスローを使う本式のスリーカードモンテ

これらには「ビー」を使うのが最適です。

ご存じの方も多いでしょうが、その理由を一応ご説明しておきましょう。

入門者用の書籍の冒頭に良く書かれていますが…
マジックに使うのは、普通、「バイシクル」などの「白フチのあるカード」とされます。
主たる理由は、リバースカードが目立ってしまうから。
こっそりひっくり返してあるカードがバレバレなのは、いろいろと不都合です。
トライアンフなどはもちろんダメですが(すごく難しくなります)、
アトファスなどのシークレットアディションですらマズいわけです。

もう一つ大きな理由は、裏面の境界がハッキリしなくなるため、見た目に分かりづらくなること。
スプレッドから1枚引いてもらう、といった基本操作が、観客にやさしくないのは問題だと言うことですが…

逆に。

境界がハッキリしないことが「利点」となるのが、上記のトリック群なのです。
ごまかしが利きやすいわけですね。
セカンドディールは、典型例です…明らかに「視覚的」にバレづらくなります

これは、完全にケースバイケースで、トリックに合った、適正な道具を選んで使おう、ということです。
好みの問題ではありません。


こんな方にオススメ!

また、バイシクルなどと明らかに異なる「対比のハッキリしたカード」なので、複合させて使うにも良いでしょう。
例えば、本体はバイシクルで、予言のカードはビー、というような感じです。

ビーは蜂
ジョーカーの蜂のデザインが印象的な「ビー」ブランドのレギュラーデックです。

U.S.プレイングカード社製。
赤裏青裏がありますので、ご希望をお選びください。


関連商品


レフティ・デック(バイシクル)



タリホー・シルバー(サークルバック)



アーティザン(デック)



色逆転カード(ロイヤルフラッシュ)




↑『スモーク&ミラーズ・カードコレクション』

↑『バイシクル・マンドリン・バック』

↑『チタニウムエディション・シリーズ』

↑『deckONE(デック・ワン)Industrial Edition V2』


↑『オグマ・デック』

↑『クラウンデック(The Crown Deck)』

↑『レナート・グリーン・デック』

↑『ノックデック(NOC v2 Deck)』


↑『バイシクル・オレンジカラー』

↑『バイシクル・パープルカラー』

↑『バイシクル・フクシアカラー』

↑『バイシクル・ターコイズカラー』

  • [ 商品コード ] RC027
  • 価格420円(税別)
  • 在庫あり
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る