• [ 商品コード ] MU455
  • 【別れは突然に!】コスモス3(Cosmos 3 by Greg Rostami)~ワンデック・オイル&ウォーター!本当に混ぜ、何もせずに分かれる!~
用具付属 オンライン動画解説(英語) 日本語解説書 DM便OK mML定期購読会員価格 4,440円(税込4,795円)です!
ショッピング会員価格 4,540円(税込4,903円)です!

アイコンのご説明


フルデックで行う、魔法のようなオイル&ウォーター!

2段構えの巧妙なトリック!応用性の高いトリックデック!






mML特製和訳解説書付き

英語版のオンライン解説動画(約40分)の理解の助けになるように、
日本語版の補足解説書をお付けいたしました。
ぜひご利用ください。


何ができるの?

マジシャンは、表裏をあらためた一組のデックを、よく混ぜます。
リフルシャッフルを好きなだけ行い、ランニングカット、ヒンズーシャッフルなどで
完膚なきまでに、リアルに混ぜてしまいます
さらに、表向きに広げて、完全に混ざっていることをしっかりと確認します。
その後、デックに裏向きにしておまじないをかけますが、
この間、一切の怪しい動作はありません
デックを表向きにスプレッドすると、赤と黒がきれいに分かれています!


ここがポイント!

本当に良く混ぜた上で、何もせずに分離したように見えますから、
魔法感が半端ありません。
多くの著名マジシャンが見て引っかかり、そして激賞している
超不思議なフルデック版オイル&ウォーター現象です。

この商品をおススメするに至るには、2つの理由がありました。
1つは、添付のトリックデックがアイデアとして優れているのみならず、
モノとして非常に出来が良いこと。
自作は到底無理なレベルの特殊なデックで、カードのすべりなども
申し分ありません。
バイシクルの赤裏仕様で、USプイレイングカード社製。
実践派の方も研究者の方もコレクターの方も、どなたも1つ持っていて損はない、
すべての皆様方におススメできる良品です。

そしてもうひとつの理由が、解説の充実ぶり。
基本手順解説の懇切丁寧さもさることながら、応用の手順や考え方がすばらしく、
可能な限り皆様にお伝えすべく、日本語版の補足解説書も添付いたしました。


どんな内容?

オンライン解説動画では以下の内容を収録しています。

Oil & Water Performance:
基本となる手順のパフォーマンス・シーンです。

The Secret of Cosmos
デックに仕掛けられたトリックの秘密を解説。

Preparing and Marking the Deck
演技をしやすくするために。デックに若干の細工をします。

Oil & Water Explanation
基本手順の解説です。

Kicker Prediction for Oil & Water
基本手順に「失敗」の演出を加えて、それを予言しておくという効果的な方法を解説。

Super Human MEMORY
やっていることは基本手順とほぼ変わらないのに、演出を変えて、
マジシャンがデックの赤と黒の配列を一瞬で記憶できると信じ込ませる手順。

Two Separations in ONE
まず特定のマークで分離し、次に赤と黒で分け直す、という二重のセパレート現象。
これも効果的な見せ方です。

Thought TRANSPOSITION Performance
hought TRANSPOSITION Explanation
この作品のみ、基本手順とはまったく別の発想でトリックデックを使っています。
2つのパケット間で、観客が心に思っただけのカードが移動する、
メンタル+テレポーテーションの現象。

Closing Thoughts


こんな方にオススメ!

クリーン&ダイレクト。
マジシャンは、おまじない1つでデックのカードを完璧に支配し
自在にコントロールできるかのような印象を与える気宇壮大なマジックです。
技術的にはさほど難しくなく、リセットも簡単ですので実践的
付属のデックはいろいろと応用が利きそうで、研究材料としても面白いでしょう。


セット内容

・専用トリックデック 1組
・日本語版補足解説書(mML特別サービス)
※オンライン動画での解説(英語版)の補足となります。



関連商品


ネオ・ミックス(NeoMix by Jim Krenz)



オイル・オーバー・トラブルド・ウォーター



奇術探究第2号



奇術探究第3号



  • [ 商品コード ] MU455
  • 価格4,540円(税別)
  • ポイント還元!90ポイント還元
  • 在庫希少
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る