• [ 商品コード ] MU318
  • 【3重・厳重!】ブッダ・エンベロープ(Buddha Envelopes -Professional-)~紙幣の複数回変化など、応用∞無限!~
mML定期購読会員価格 2,300円(税込2,484円)です!
ショッピング会員価格 2,500円(税込2,700円)です!

古典原理の用具ですが、実用的に改良!いろいろ使えます!

出現・消失・増加・変化・印刷…さらには予言のマジックまで!




mML特製和訳解説書付き

古典的なブッダペーパーのマジックが、プロフェッショナルタイプに生まれ変わりました。
クロースアップショーサロン・パーラーマジックでも使える実用的アイテムです。


何ができるの?



様々な使い方が可能ですが、まずは解説されている手順を紹介します。

13センチ×27センチほどのサイズの「紙」を取り出します(比較的大判です)。
この「紙」は三つ折になっていて、開くと、中から、一回り小さな「三つ折の紙」が現れます。
さらにそれを開くと、その中にはもう一回り小さな「三つ折の紙」が入っている、という3重構造
そしてそれを開くと、紙幣と同じくらいのサイズの「白紙」が入っています。

白紙の両面をあらためた後、再び、元通りに「3重」に包んでいきます
そして、おまじないをかけた後、広げて中身を確認すると、なんと!
白紙は千円札に変化しているではありませんか!
どこから見ても本物そっくり。(注:本物です)

通常、これで終わりのことが多いのですが、まだ続きます
千円札を再度3重に包んで、おまじない、そして広げると…
白紙に戻っている?いえいえ、それも可能ではありますが、今回はなんと!
5千円札に変化しているではありませんか!
「ここまできたら…」というわけではありませんが、その5千円札を包んで、広げると。
ご想像通り、1万円札に変わって出てきます。
めでたしめでたし。


ここがポイント!

古典的な「ブッダペーパー・ミステリー」と呼ばれる道具と、基本的な原理は全く同じ。
ですが、最大の特徴は、大判・3つ折タイプで作られていること。
これは見栄えがよく、ショーで使いやすいということももちろんですが、それ以上に。
紙幣を「広げたまま」入れられるサイズになっている点が、利点として大きいのです。
お札のマジックは、演じるとウケますからね。

そもそも、元々の原理自体が、「なにもできないように厳重に封じ込める」という体(てい)を
逆手に取って物をすり替えてしまおうという巧妙さを持っているので、面白いのです。
今回は、2面のすり替えだけのタイプではなく、原理をダブルで使用した4面仕様となっています。
これにより、現象を何度も繰り返し被せていくことが可能となっています。

シンプルに3つ折のスリーブにして、左右(ないし前後。どの向きに置いているかによります)だけを
折りたためば良いようにしてあります(前後左右をたたむタイプではないということ)。
また4重・5重とさらに回数が多いものもありますが、これは最低限の3重構造
増やしたほうがごまかしが利くと思うかもしれませんが、手数が多いとわずらわしいのです。
特に今回はリピート現象用なので、この辺りのスピードアップは肝要

3重の紙は、それぞれ色が変えてあって、カラフルでビジュアル
とはいえ、落ち着いた色合いが採用されていて、けばけばしくはありません。
用具は、丁寧に作られています。
まさにプロ仕様
パックスモール・プレイビッグです。


こんな方にオススメ!

応用性の広さは、無限とも言ってよいほどです。
まさに使い方と見せ方次第

例えば、紙幣だけでも、変化現象でなく印刷現象で統一することも可能です。
白紙を入れて、千円に。
それを取り出して別の白紙を入れ直すと、5千円に。
また別の白紙を入れると、1万円に。

これが基本の使い方ですが…
最後は1万円かと思いきや消えてしまう、あるいはオモチャの紙幣、
見るからにニセモノの紙幣になってしまう、と演出面でスカしてみたり。
あるいは逆に最初は印刷に失敗して変なお札になってしまう、なども。
これは最後に成功させたほうがウケが良いようです(最後まで失敗、でも面白いですが)。
入れるものを変えて、演出を変えるだけでも面白くなります。

単純な出現、または消失に使用することもできます。
お年玉やご祝儀を、これで出したりしても面白いですね。
もちろん、入れるものは紙幣に限りません。
紙幣を入れた「ポチ袋」を出しても良いですし、その他、フラットな、入るサイズのものなら
コインでもクレジットカードでも、何でも良いのです。

あるいは、枚数が増える(あるいは減る)、という使い方も、より紛れが出て面白いかも。
紙幣の間に挟んだ「何か」だけが消える、といった使い方は、結構巧妙です。
破いた紙幣の復活なども可能。
さらには、紙幣が「折り紙」のように何かの形に折られて出てくる、とか。

紙を入れられるということは、絵や文字など、メッセージを入れられることにもなります。
文字が浮き出るスピリット現象などにも使えます。
(ただの紙だとわざとらしいと思う方は、それこそ紙幣に文字を現しても構いません。)

すりかえられるので、紙幣のナンバーを透視する、といった表現もできます。
また、4通りのものを自在に「出し分ける」ことも可能なので、予言
同調変化といった方向性の現象も。

そうです。無限なのです。
これは、まさに「あなた」の想像力・創作力が試されているといっても過言ではありません。
考えるのがお好きな方は、ぜひ、良い使い方を独自に編み出してください。
そして、秀逸な使い方が見つかったら、こっそり教えてくださいね。
よろしくお願いいたします。


セット内容

・用具一式
・英文解説書
・和訳解説書(mML特別サービス)
※紙幣など、中に入れるものは各自でご用意ください。
  • [ 商品コード ] MU318
  • 価格2,500円(税別)
  • ポイント還元!50ポイント還元
  • 在庫希少
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る