マジックショップmonthly Magic Lesson Shoppersは、世界中から厳選したアイテムをお手頃価格でお届けします。


会員情報へ
 

  並べ替え:     [ 商品名のみ ] [ 商品名と画像 ] [ 画像のみ ]







 売れ筋ランキング 


[ 商品コード ] FS037

フォーサイト社
【必携品!色は2色!】フォーサイト・ハンカチ〜クロースアップマジシャン専用ハンカチーフ!〜

価格  2,800円(税別)

ポイント還元!50ポイント還元

在庫あり

この商品について問い合わせる
 
この商品をTwitterでつぶやく

この商品をつぶやく
 
返品の条件につきまして


用具付属 DM便OK 商品価格は、2,800円(税込3,024円)です!


アイコンのご説明


人気の2色で、待望の再入荷!!

大好評の「フォーサイト・ハンカチ」、品切れ状態でしたが、お待たせいたしました。
新たに入荷いたしました!

作られるたびに SOLD OUT してしまう大人気商品
必携の「基礎用具」です。

これまでにいくつかの色で製作されてきましたが、その中でも好評だった
「エンジ」と「紺」の2種類が、今回入荷いたしました。

いずれも、クラシックな演技にも合い、シックで落ち着いた雰囲気を演出します。
ハンカチよりも、使用するコインやカードが目立つように配慮した色合いです。

なお、当初のバージョンでは45cm角のサイズでしたが、それよりも一回り大きい48cm×48cmサイズを採用。
これはプロマジシャン、カズ・カタヤマ氏の推奨による「こだわりサイズ」となっています。
この3cmの違いが、小さいようで大きいのです。
また、一般のポケットチーフなどで探しても、30cm角のものが多く、大きくても40cm角がいいところ。
それ以上大きいものは、なかなかないんです。
ステージショー形式で使うには、40cm角でも少し貧弱に見えてしまいます。

ちなみに、前回までに作られた他の色の「フォーサイトハンカチ」は、全て品切れ
既にメーカーのフォーサイト社にもなく、再生産もできないとのことで、入手不可能です。
今回のものも、同様に、また早期に売り切れとなることも大いに予想されます。
ご希望の方は、ぜひお早めにご注文くださいませ。







****************************************************************************************

★フォーサイト・庄司タカヒト氏が、プロのこだわりで製作!!
★マジシャンのマジシャンによるマジシャンのためのハンカチ!


映像はこちら↓






どんな内容?

ハンカチに「右利き用」と「左利き用」があるのはご存知でしたか?
…と言うのは冗談にしても…
ステージマジックでハンカチと言えば「シルク」ですが、
クロースアップマジック用の「マジック専用ハンカチ」と言うのは…
あまり聞きませんよね?

そこで、実践的なパフォーマーでもある庄司タカヒト氏が、あらゆる面で
こだわり抜いて製作したのが、この「フォーサイト・ハンカチ」です。
別に何か仕掛けがあるわけではなく、機能的には全く普通のハンカチですが、
単に既製品のスカーフをどこかから探し出してきたわけではありません。
素材から吟味し、マジシャンにとって使い勝手が最高に良いようにデザインして
ゼロから作り上げたものです。
マジシャン専用として、わざわざ作ったところに価値があります

━…━…━…━…━…━…━…━…

ちなみに、庄司氏は当然ながらプロマジシャンですから、クロースアップマジック
パフォーマンスとして「きちんと」人に見せることを前提としています。
ハンカチは日用品でもありますから、1人2人の友人と酒を飲みながらの席で
「話の種」程度にちょっと何かやる分には、あえてこのハンカチを使う必要は
さほどなく、むしろ印象として高級感が逆にやや重過ぎるかも知れません。
(…もちろん、そこから場を「マジック的な雰囲気」にグッと引き寄せたい
場合であれば、そういう席でもこのハンカチは十分使えますが)

しかし、多少改まった感じ…宴席でもちょっと人数が4〜5人から10人以上
増えて、「いよいよ○○さんのマジックショーが始まりますよ」といった感じの
流れになったとしたらどうでしょう?
これはもう、日常の延長としてトリックを見せるのではなく、異質な空間を
意識して意図的に作り上げ、非日常の世界を演出しないといけなくなります
マジックを「ショーとして見せる」とは、そういうことではないでしょうか…
単に「マジックができる人」ではなく「マジシャン」になるということです。

そんな中で、使っている道具があまりに日常的過ぎるのもいかがなものか…?
極端に言えば、ハンカチなら、「トイレで手を洗って拭くのに使ったものを
マジックにも使っている」と…まあ実際にその通りかどうかはともかくとして、
そのような印象を持たれただけでも明らかにマイナス要因
「マジックは道具が大事」とは、そういう意味もあるのです。

━…━…━…━…━…━…━…━…

それだけではありません。

今お使いのハンカチの素材やサイズ、使い勝手はどうでしょう?
また、ご自分の演技スタイルに、似つかわしいものでしょうか?
あるいは、演目や衣装、場の雰囲気などにマッチしていますか?
別に使う他の小道具との釣り合い、バランスは取れていますか?

道具と言うのは、さまざまなことを勘案して選ばないといけません。
なかなか大変です。


ここがポイント!

さて、今回のフォーサイトハンカチは、その点どうなのでしょう?
庄司氏がこだわったいくつかのポイントをご説明しましょう。

●厚みや透過の具合
何か道具を包む際に、そのシルエットに重さを感じさせつつ、
完全に透けているわけではないので、様々なトリックに利用できます。
(ステージマジック用の「シルク」では、クロースアップには透け過ぎです。)
この「見えそうで見えない」適度な厚さ(薄さ)、質感を追求するために、
素材や柄など、生地の選定にこだわってみました。
実際にさまざまなマジックを演じてみての使いやすさから来た「こだわり」です。

●高級感のある色と素材
100円ショップで売っているようなものは、見るからに「安物感」があり、
取り出した瞬間にすぐに見抜かれてしまいます。
このハンカチを使えば、取り出すだけでもお客さんの注目を集めることができます。
触ったときの質感も素晴らしく、スムースで、マジックがやりやすくなっています。

●マジックを邪魔しないデザイン
あまり派手な柄があると、その柄に目が行ってしまい、マジックが引き立ちません
かと言って、全くの無地では味気なく、それはそれでマジックが引き立たない…
上記の「高級感」とのバランス、それに「透けにくさ」などをも考え、
生地自体に柄のあるものを採用しつつも、色としては単色
しかもやや濃い色を使うことで、コインやカードが引き立つように配慮しました。

●裏表の差がほとんどない
技法によってはハンカチの裏表がひっくり返ることがあります。
このハンカチなら反転させても差がなく、目立たずに演技を進められます。
これは、恐らく皆さんの想像以上に重要なポイントです。

●45cmの紳士用サイズ
(※今回はさらに一回り大きい48cmです!)
やはり、一番重要なのは大きさでしょう。
大き過ぎず小さ過ぎず、適正で、かつ自然なサイズのものが望ましいところ。
これは、紳士用のハンカチサイズに近く、やや大きめで、デックを包むにも余裕があります。
使いやすく、十分な大きさです。


こんな方にオススメ!

「マジックに使える、いいハンカチがないかな?」と悩んでいた方には、まさに慈雨の如し。
まさに貴方のための用具です。

これまで、この手の素材用具・備品に、とんと気を使ってこなかった方は、
とりあえず、その心がけを改めたほうが良いですが…
ことハンカチに関しては、あまり考えずとも、これを使っておけば大丈夫です。
プロマジシャンが、自分で使いやすいように設計した、お墨付きのハンカチです。

基本となる素材用具ですから、すぐに使うあてのない方も、1つ用意しておけば
あとで役立つ機会が、きっとあります。

━…━…━…━…━…━…━…━…

ちなみに、レパートリーにハンカチを使うマジックがない、という方。
もしかしたら、マジックの好みが激しすぎて、演目に偏りがあるのかも?
印象を変える意味でも、ぜひこの機会に、ハンカチを使ったマジック
ご研究いただくのも良いのではないかと思います。

コインでも、基本的で簡単な「ハンキーパンキー」等もありますし、また、
単に手だけで演じるコインズアクロスよりも、「ハンカチに通うコイン」
形にアレンジするだけで、よりダイナミックで、大人数にも見せられます。
カードマジックでは、たとえば「ハンカチを通り抜けるカード」
サロンマジックでも演じられて、インパクト絶大です。

mML:マンスリーマジックレッスンの中でも、ハンカチを使ったマジックを
結構お教えしておりますので、ぜひ、参考になさってください。

 ◆カードは新品、コインはシルバー、じゃあハンカチは…?◆
 ◆仕掛けのない補助用具ですが、演技をグッと大きく見せます!◆




関連商品


↑『とってもいいでショー』

↑『SF・コレクション4』

↑『伝承奇術vol.2』

↑『庄司タカヒト「クリニカル・レクチャー」』


↑『mML Vol.3』

↑『mML Vol.6』

↑『mML Vol.16』

↑『mML Vol.19』


↑『mML Vol.24』

↑『mML Vol.32』

↑『mML Vol.33』

↑『mML Vol.48』


↑『mML Vol.51』

↑『mML Vol.65』

↑『mML Vol.73』

↑『mML Vol.75』


戻る



    特定商取引法に基づく表示     お問い合わせ     ご利用環境