マジックショップmonthly Magic Lesson Shoppersは、世界中から厳選したアイテムをお手頃価格でお届けします。


 
会員情報へ
 

  並べ替え:     [ 商品名のみ ] [ 商品名と画像 ] [ 画像のみ ]







 売れ筋ランキング 


[ 商品コード ] ML111

マジックランド
【これは便利!】即席ラフコート〜ラフ加工が簡便にできるスグレモノ!〜

価格  400円(税別)




商品価格は、400円(税込432円)です!

※この商品を単品でご注文の場合、メール便送料250円がかかります。
 他のメール便対応商品と合わせて1,960円以上のご注文ですと、送料無料となります。

「ラフ&スムース」の「ラフ加工」が超お手軽に!確かに便利!

トリックデックの基本原理の1つ。魔法を作り出せる秘薬です!




何ができるの?

「ラフ加工」が手軽にできる、固形タイプの塗布素材、ラフコートです。
ラフ・スティックとも呼ばれます。

見た目は、ロウの塊のような感じ。
使い方は、加工したい面にサッとひと塗り、軽くこすり付ける…基本的にはそれだけです。
できればティッシュで上から拭いて、均しておくとさらにベター。
これで「ラフカード」の出来上がりです。

伝統的なラフ加工というと、カードに「特殊なスプレーをかける」というのが基本。
(さらに古くは「粗面液を塗る」という時代もあったようですが)
これは実に、相当面倒くさい作業だったのですが、即席ラフコートなら超簡単
手軽に、すぐにできます。
まさにラフ革命です。

サイズは小型、1.5cm×1.5cm×2cmほどの直方体です。
小さいからすぐなくなってしまうかと思いきや、軽く塗るだけですから、1回の使用量はごくわずか
(逆に塗り過ぎると使いづらいはずです)
これだけあれば、相当使えます

━…━…━…━…━…━…━…━…

なお、今このページをお読みの方で、ほぼ知らない方はいないと思いますので問題ないでしょうが、
あくまで、そもそも『「ラフ加工」とは何か?』ご存知の方のみお求めください。
塗り方の簡単な説明書は付いていますが、これを使うことでどういう手品ができる、といった
マジックの説明書は付いておりませんので、あらかじめご承知置きくださいませ。


ここがポイント!

厳密に言うと、伝統的な「ラフ」とはちょっと違う部分があります。
伝統的なラフでは、合わせる面の双方に加工が必要でしたが、今回のものは、片面だけで成立します。
そのため、加工面が「半分」で済むので、作業はさらに楽になります。
また片方だけで可能というのは、ペアを組み替えるような使い方をする場合は原理的にも違いが生まれます
従来の形ですと「相方」が変わると成立しなくなりうるものが、ラフコートでは必ず成立します。
(これは目的により「良い場合」と「悪い場合」があるので、研究家の方には興味が尽きない話だと思います)

この違いはどこから来るかというと、表面加工の感触が、だいぶ違います。
伝統的なラフは乾いていますが、ラフコートによる加工は、少ししっとりとした感じ
「摩擦」だけによるのでなく、わずかに「粘性」(粘着・吸着)が入っている感じなのです。
(もちろん微妙な差です。あくまで「ラフ」であり、ペッタリ貼り付いてしまうわけではありません)

なお、伝統的なラフでも「強いラフ」「弱いラフ」という概念は多少ありましたが、ラフコートの場合は、
塗る量の調整だけでなく、「両側に塗る」と相当強いラフがかかります。

もちろん、見た目は全く変わらずクリーンです。
塗布したカード自体に、外見上の怪しいところはありません
触らせても問題がない場合が多いでしょう。
また、スプレーだと本質的には液体なので失敗するとカードの紙がペコペコ・クタクタになる可能性もありますが、
この固形タイプなら、そんな心配もありません。


こんな方にオススメ!

「ラフ&スムース加工」ないし単に「ラフ加工」と呼ばれる原理は、とても古くからあります。
古典として残るトリックデックでは、結構基本として使われている原理です。
マニアの方はもう感覚が麻痺しているかと思いますが、これらの名作を「タネから知った」のでない方は、
最初に見たときの「不思議さ」「驚き」を、ぜひ思い返してみてください。
まさに魔法を作り出せる技術の1つで、だからこそ古典のトリックデックも、クラシックとして今に残っているのです。

普通の人には完全に想定外の、すなわち「想像しにくい/到達しづらい」原理。
あまりにも「強い原理」のため、古典以外でも様々に使われ、一時期使われ過ぎたせいか、単売トリックの広告では
この原理を使っていない場合は、決まり文句として必ず「ラフ&スムースではありません」と書かれていたくらいです。

━…━…━…━…━…━…━…━…

「特殊な加工」であるがゆえに、普通の人にはできない(あるいは相当面倒だ)から商品として価値がある、
という側面もあったのですが…今となっては、その加工が、誰でも簡単に手軽にできてしまうのです。
素材から、自分でトリックデックを作ることも簡単。
また、使っているうちに「弱る」のがラフの欠点の1つですが、補修・補強もこれがあれば簡単です。

最近では、こんなカードも出ていますので、さらに発展の可能性があります(内緒ですよ?)。

また、ラフというとトリックデック、すなわちホールデック(デック全体)、というイメージを
お持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが…
1枚(1組)だけ、とか数枚程度のラフカード(ラフペア)をデックに紛れ込ませて使う巧妙な手順も多数あります。
「さあ、トリックデックを作るぞ!」と意気込むレベルでなく、「ちょっとラフの原理を使いたい」ときにも
サッと使えるのが、この即席ラフコートです。

また「ハーフラフ」、1面全体でなく部分的にラフをかけたい時にも、固形タイプの方が圧倒的に作業が楽です。
(マスキングが要らないのです)
半分だけにかけると、かけた側を押さえれば広がらず、違うところを押せば広げやすくなります。
また、デックの「どちら側を押さえて広げるか」によって広がるところが変わる、といった使い方も可能です。

持ち歩きも楽なので、思い立った時にサッとラフ加工が使えたり。
場合によっては、パームして「演技中に」選ばれたカードをラフ化することすらできるかも!?
可能性は広がります。

━…━…━…━…━…━…━…━…

この「即席ラフコート」は、マジックランド社で、だいぶ以前より発売しているものだそうです。
海外でも同種のものが出回ってはいますが、それよりもかなり格安です。
ぜひ、お使いになってみてください。


セット内容

・即席ラフコート 1個
・塗り方の解説書



関連商品


エッセンシャルズ・イン・マジック・ジ・インビジブルデック



エッセンシャルズ・イン・マジック ザ・メンタルフォトグラフィーデック



フェニックス・ダブルデッカー



フェニックスデック




ファン加工用ロウ



ファニングパウダー



ショートバイシクル



カードプレス




MCマジックウォンド



SLRスリム・ニュースタイルリフィル



マルティテュード(Multitude)



フォーサイト・ハンカチ




ユニバーサル・プル



ハンカチーフボール



ステア・フライ



ギャンブラーズシャイナー




戻る



    特定商取引法に基づく表示     お問い合わせ     ご利用環境