mML第70号

【修得の難易度】★☆〜★★☆2種の色変わりのエレベーターとケーンズ・バリアントを学ぶ!

 今月号では、「2種の色変わりのエレベーターとケーンズ・バリアントを学ぶ!」と題しまして、計6手順をご紹介いたします。

 カードマジックは大きく2つのテーマで特集しております。1つは「ペア」が決め手の予言・一致・移動のカードマジック3手順、そしてもう1つは「エレベーターカード」現象の最後に表の色が変わってしまうという2手順です。  「ケーンズ・バリアント」は、名刺大の紙を使った、いつでもどこでも手軽にできるゲームのような不思議なクロースアップマジックです。観客に参加していただくので、非常に盛り上がると思います。

特集:色も数字も完全一致!

バリュー/スート・プレディクション(Nick Trost/ゆうきとも
マジシャンは、観客2人に選んでもらうカードの予言として、一方がそのマーク、もう一方がその数字を表すような予言のカード2枚を、それぞれの観客のために抜き出します。 観客が自由に決めた枚数目のカードを出して確認してみると、見事にマーク、数字がそれぞれ完全に一致しているのです!
ハット・トリック(Robert Giobbi)
マジシャンは、観客によく混ぜてもらったデックの中から3枚のカードを取り出します。 その後、デックをカットするたびに、1枚ずつカードを出していきます。 出したカードを確認してみると、なんと先に出しておいたカードと色も数字も見事に一致しているのです!
コートシップ(Nick Trost
4枚のキングを示してテーブルに置きます。 4枚のクイーンを示した後、その上に重ねます。 おまじないをかけてから、上から2枚ずつ配ると、なんと一瞬にして同じマークのキングとクイーン同士のペアが4組できているのです!

特集:色変わりのエレベーター!

A−2−3−4(J.C. Wagner)
マジシャンはスペードのA〜4を持ち、Aから順に一番下に回しますが、おまじないをかけると一番上に上がってきます! 最後に4だけが手元に残ったところで、おまじないをかけると、なんとハートの4に変化してしまいます!
おのぼり三兄弟
マジシャンはデックをエレベーターに見立て、スペードのA、2、3を、デックの中で自由に上下に移動させてみせます。 最後に、スペードのA〜3だったはずのカードを見ると、ハートのA、2、3に変わっているのです!

特集:勝てなきゃおかしいゲーム!?

ケーンズ・バリアント(Peter Kane/Marc Spelman/ゆうきとも
マジシャンは1〜5が書かれたカードをテーブルに並べ、そのうち1つ数字を観客に決めてもらいます。その数字に従って辿り着いたところのカードを見ると、「あなたの負け」と書かれています。 しかし、残りのカードを見ると、全て「あなたの勝ち」となっているのです!

この号で収録されている技法・用語

オプティカル・フォールスカット、フォールス・トリプルカット、センタープロダクション・カット

Nick Trost、Robert Giobbi、J.C. Wagner、Peter Kane、Marc Spelman


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-01 (火) 21:48:59 (2779d)