mML第67号

【修得の難易度】☆〜★★★カーディシャン憧れの名作『リセット』と本格的なテクニカル・オープナーを学ぶ!

今月号では、「カーディシャン憧れの名作『リセット』と本格的なテクニカル・オープナーを学ぶ!」と題しまして、計6手順をご紹介いたします。

 ポール・ハリスの「リセット」は、数え切れないマジシャンが自身のバリエーションを発表してきた名作です。今回は、その優れたバリエーションである「リセット・リセット」、そしてその直後にクライマックスを起こせるアイデア「リミックス」とともにご紹介いたします。

 また、テクニックを駆使して次々と4枚のカードをテンポ良く出現させるオープナーや、ギルブレスの原理を巧みに組み込んだセルフワーキングトリック、そしてタネ明かしの演出を取りながらも最後に観客が驚くクライマックスが待っているコメディマジックと、盛りだくさんの内容となっております。

特集:カーディシャン憧れの名作「リセット」を学ぶ!

リセット(Paul Harris
手元の4枚のエースが、1枚ずつテーブル上のジャックと入れ替わっていきます!しかし、カードにある「リセットボタン」を押すと、一瞬にしてエースに逆戻りしてしまいます!
リセット・リセット(Earl Nelson)
手元の4枚のエースが、1枚ずつテーブル上のジャックと入れ替わっていきます!しかし、おまじないをかけると、ジャックに変わった4枚は一瞬にしてエースに逆戻りしてしまいます!
リミックス(南部信昭)
4枚のエースの山と、4枚のジャックの山を重ねておまじないをかけます。トップから2枚ずつ配ると、なんと一瞬にして同じマークのエースとジャックがペアになってしまいます!

特集:テクニックを使ったオープナーに挑戦!

フォーカード・レベレーション(ゆうきとも
マジシャンは、デックから4枚のエースを次々と鮮やかに取り出してみせます!
オメガ・スーツ(Nick Trost
デックの中に、4枚のジャックを好きなところに差し込んでもらいます。デックのトップから2枚ずつのペアで配っていき、ジャックとペアになったカードを見ると、なんと全てのペアがジャックと同じマークで一致しています!

特集:コミカルなティッシュの消失!

なめくじバニッシュ(R.C. Buff)
マジシャンと観客は、自分の手にティッシュを丸め込みます。同じことをしているはずですが、なぜかマジシャンの手の中のティッシュだけが消えてしまいます!

この号で収録されている技法・用語

ラインナップ・ムーブを使ってブレークを作る方法、ダブル・フリップオーバー、ニール・イライアスのカッティング・ディスカバリー(Neal Elias)、エディー・フェクターのスプリング・レベレーション(Eddie Fechter)、テーブル上でボトムカードの上にブレークを作る方法、ピエット・フォートンのポップアウト・ムーブ(Piet Forton)

Paul Harris、Earl Nelson、南部信昭、R.C. Buff、Nick Trost


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-27 (木) 13:41:43 (3757d)