mML第71号

【修得の難易度】★☆〜★★ミスディレクションを効かせた移動現象、名作「ハイランド・ホップ」を学ぶ!

 今月号では、「ミスディレクションを効かせた移動現象、名作『ハイランド・ホップ』を学ぶ!」と題しまして、計5手順をご紹介いたします。

 まずは、「黒いカードの中に1枚だけ赤いカードが飛行する」や「赤と黒のカードがきれいに分離する」といった、トランプ本来の持つビジュアルな特徴を活かしたカードマジックが2手順。そして、 A〜4の順列のカード4枚を使ったカードマジックが2手順。これもまた、トランプならではの特性を利用したと言えるでしょう。

 さらには、ESPカードを使った手順もご紹介しております。これは、2つの原理を上手く組み合わせた無駄のない手順で、ESPカードに限らず、特別な絵柄のカードなどにも応用でき、カジュアルな雰囲気で行えるものとなっております。

特集:赤黒のコントラストが映える!

ハイランド・ホップ(Ron Wilson)
デックを赤と黒のグループに分けた後、赤のグループから自由に選んでサインしてもらったカードを中に戻し、観客に混ぜてもらいます。 しかし、おまじないをかけた瞬間、なんと観客のカードはテーブルにずっと置いてあった黒のグループに飛び込んで、中央から現れます!
レッド&ブラック・セパレーション(Don Reavis)
赤のパケットと黒のパケットを2つずつ用意し、それぞれを赤と黒で公明正大に混ぜて完全に揃えます。 しかし、おまじないをかけた瞬間、一方は赤ばかり、もう一方は黒ばかりと、完全に分離してしまいます!

特集:順列が織りなす不思議!

アズ・ユー・ワー(Roy Walton
マジシャンは、順番に並んでいるA〜4のカードを見せ、わざとカードを入れ替えて順番を崩します。 しかし、カードを数えながら強く念じると、なんと順番が元通りになっているのです!
1 2 3 4 5 ピーク・ソート(Brother John Hamman)
マジシャンはA〜4のカードを見せて、その中から観客に心に1つ決めてもらいます。 4枚を観客が混ぜた後、マジシャンは観客の「指紋」を頼りに、観客が決めた数字のカードの位置を裏向きのまま見分けてみせます! さらに、そのカードが、前もって選ばれていた観客のサインカードに変化してしまうのです!

特集:願えば叶うおまじない!

アンダーダウンESP
ESPデックから1枚選んでもらって伏せておきます。 残りを4つの山に分けて、全員で1枚ずつカードを捨てていき、手元に1枚残します。 すると、全員の手元に残ったシンボル、そしてあらかじめ選ばれていたシンボルが見事に全て一致しているのです!

この号で収録されている技法・用語

シーヴァカウント

Ron Wilson、Don Reavis、Roy Walton、Brother John Hamman


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-03 (金) 17:53:37 (3322d)