mML第57号

【修得の難易度】★☆〜★★★リッチなギャンブリング・デモと即興のワンコイン・ルーティンを学ぶ!

 今月号では、 「リッチなギャンブル・デモと即興のワンコイン・ルーティーンを学ぶ!」と題しまして、カードとコインのマジックをご紹介いたしま す!

 ギャンブリング・デモンストレーションは、準備・方法ともにやさしくできるのですが、一流のテクニックを駆使したとしか思えない現象です。ワンコイン・ルーティーンも、ジャンボ・コインを使わずにクライマックスを引き立てるアイデアで、スタンドアップで演じられ、リセットも簡単、という実用的な要素を十分に備えており、演じる場所を問いません。

特集:サイコロとカードの奇妙なシンクロ!

ブラフ・ポーカー・デモ
マジシャンは、ポーカーでいかさまを行う方法として、ギャンブラーのテクニックであるボトムディールを説明します。 実際にデモンストレーションとして、カードを配ってみせます。 観客が指定したプレイヤーには、デックのボトムに置いた3枚のジャックが配られると思いきや、なんとロイヤルストレートフラッシュが配られているのです!
スリージャック・ディール
マジシャンは、セカンドディールという、いかさまのテクニックをデモンストレーションするため、3枚のジャックをデックのトップに置きます。 そして、カードを交互に配るのですが、3枚のジャックは、一方の山に集まっています。 マジシャンは、さらにこれを片手で繰り返してみせます!
シックス・センス(ゆうきとも
観客にサイコロをよく調べてもらい、脇に置いてもらいます。 A〜6までのカードを裏向きでよく混ぜてもらい、好きなようにカードを選び、1枚決めてもらいます。 そのカードの数字が、なんと脇に置いてあったサイコロの目と一致しているのです!
アイス・ダイス(Stewart James/Nick Trost/Phil Goldstein)
観客の1人にカードを引いて覚えてもらい、デックに戻します。 そして、1人にサイコロを1つ、別の観客にサイコロを2つ振ってもらい、それぞれの数字を決めてもらいます。 小さい方の出目の枚数目を見てみると、大きい方の出目と同じ数字のカードが現れます! さらに、大きい方の出目の枚数目を見てみると、小さい方の出目と同じ数字のカードが現れます! 最後に、両者を合計した数字の枚数目を見てみると、選ばれたカードが現れます!

特集:1枚のコインとサイフが決め手!

ワンコイン・ルーティーン
マジシャンの指先にコインが魔法のように出現し、そのコインが消えたり現れたりを繰り返します。 さらに、コインをポケットに入れますが、生地をすり抜けて外に貫通してしまいます! 最後に、コインを手に打ち付けると、なんと小銭入れに変わってしまいます!

この号で収録されている技法・用語

サム・パームを使ったスパイダー・バニッシュ(スパイダー・バニッシュ)

ギャンブリング・デモンストレーション、ワンコイン・ルーティーン

Stewart James、Nick Trost、Phil Goldstein


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-20 (木) 18:22:45 (3783d)