mML第53号

【修得の難易度】★☆〜★★☆セカンドディールを使った名作「ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド 」を学ぶ!

 今月号では、「セカンドディールを使った名作『ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド』を学ぶ!」と題しまして、計6種類の作品をご紹介いたします。 特に今号では、難しいと敬遠されがちなセカンドディールを、見事なミスディレクションとともに使用した「ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド」を収録しておりますので、是非セカンドディールを学ぶきっかけとしていただければと思います。 また、コースター上の矢印を自在に操るというちょっと変わった作品や、これ以上ないくらいフェアな予言「オープン・プレディクション」など、たっぷりと解説しておりますので、お楽しみくださいませ!

特集:A〜10の絶妙コンビネーション!

ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド〜Alex Elmsley
観客に引いてもらったカードをデックに戻した後、脇に置いていたA〜10のカードをテーブルに配りますが、観客が指定した数字のカードだけを裏向きに配ります。 おまじないをかけると、その裏向きカードが観客のカードになり、指定された数字のカードは意外なところから出現します!
10のパズル
A〜10のカードをよく混ぜて順番をばらばらにします。 しかし、1枚下に回すとAが出現し、2枚下に回すと2が出てきます。 こうして、観客が混ぜたにもかかわらず、すべてのカードが順番に出現します!
エース・トゥ・テン・パズル〜Nick Trost
マジシャンは、A〜10のカードを5枚ずつ両手に分けて取り、交互に配って混ぜるのですが、おまじないをかけると、上から順番にA〜10のカードが揃っているのです!

特集:大胆不敵の予言、オープン・プレディクション!

ロバート・パリッシュのオープン・プレディクション
マジシャンは、あらかじめ1枚のカードを宣言します。 それから、観客にはデックを表向きで配っていってもらうのですが、1枚だけ裏向きのまま配ってもらいます。 なんと、それが見事に予言したカードなのです!(Paul Curryのプロット)
ターン・アバウト〜Paul Curry
両面に同じ方向の矢印が書かれた正方形のボードを3枚用意し、マジシャンはいろいろと矢印の向きを変えますが、おまじないをかけると、必ずすべての矢印が同じ方向へと揃ってしまうのです!
5人の仲間 〜ESPへの応用〜
マジシャンと観客は、よく混ぜたESPのカードの束からお互いに2枚ずつ適当に出します。 この4枚がなんと同じマークで、さらに、あらかじめ出しておいたカードもまったく同じマークなのです!

この号で収録されている技法・用語

オープン・コントロール、ストライク・セカンドディール(セカンド・ディール)

ツイスト・ターンオーバー

オープン・プレディクション、ミスディレクション

Alex ElmsleyNick TrostPaul Curry、Robert Parrish


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-20 (木) 17:55:10 (3807d)