mML第41号

【修得の難易度】★☆〜★★☆ダブル・エンパシーとコイン・スルー・ザ・ハンドを習得する!

 「ダブル・エンパシー」は、マジシャンと観客がお互いのカードをズバリ当ててしまう、大変強力なトリックです。しかもレギュラーデック一組で行えますので、かなり実用的になっています。

 「アフターセブン 最終版」は、クラシックとなりました「ストップ・トリック」のアウトに対するゆうきともの解決法です。どこでストップがかかってもよい、巧妙な工夫は必見です。

 「コイン・スルー・ザ・ハンド」は、コイン1枚あればどこででも出来る名手順です。シンプルかつ、ダイナミックな現象をお楽しみ下さい。

特集:奇跡のカード当て『ダブル・エンパシー』!

ダブル・エンパシー(Bill Nord/Sol Stone)
マジシャンと観客は、それぞれ10枚ほどの山の中から1枚選んで覚えます。山を交換して、お互いに表を見ずに1枚ずつ選び出したカードが、まさにお互いが選んだカードなのです!
クイック・モンテ(庄司タカヒト/ゆうきとも)
観客は3枚のカードのうち1枚の行方を追いますが、はずしてしまいます。当てやすいようにと、1枚減らして2枚だけで行いますが、それでも観客はカードを当てることができません。
クイック&デッド(はやふみ/ゆうきとも)
マジシャンは、観客に1枚のカードを選んでもらいます。2枚のJを使って1枚のカードを捕まえますが、観客のカードではありません。しかし、次の瞬間には、観客のカードに変化しているのです!

特集:クラシックの新しい可能性!

アフターセブン 最終版(ゆうきとも)
観客が自由にストップをかけたところから、観客の選んだカードが出現します!
リバース・カード・ルーティーン(Paul LePaul/ゆうきとも)
・デックの下半分をひっくり返して揃えますが、いつの間にかカードの向きがすべて揃ってしまいます。最後は、観客が指定したカードがひっくり返って現れます。

特集:カジュアルなワンコイン・ルーティーン!

コイン・スルー・ザ・ハンド(ゆうきとも)
マジシャンは、何も無いところからコインを出現させます。手の甲を何度か貫通させた後、最後にはコインを消してしまいます。

この号で収録されている技法・用語

リフルシャフルを用いたグリンプス(リフルシャフル、グリンプス)、庄司タカヒトのモンテ・ムーブ(モンテ・ムーブ)、特殊なハーフ・パス(ハーフ・パス)、ペイントブラッシュ・チェンジ、ビクター・チェンジ

クリップ・バニッシュ

庄司タカヒト、はやふみ

Bill Nord、Sol Stone、Paul LePaul


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-18 (火) 13:38:51 (3736d)