mML第39号

【修得の難易度】★〜★★☆大胆なリセットと意表を突いた Do As I Do を愉しむ!

 今月号では、演出に趣向を凝らした作品をご紹介いたします。

 一度の仕事で「ひっくり返る」と「入れ替わる」を同時に起こす「ホフジンザー・プロブレム」、そして、「リセット」に「フォロー・ザ・リーダー」の演出を取り入れた「フォロー・ザ・リセット」など、まさに演出の妙が冴えわたる作品ばかりです。  演出に目を向け、マジックの新たな奥深さを知る良い機会になるかと思います。

特集:名作『リセット』に対する新しいアプローチ!

ワイルド・モンテ(John Bannon/ゆうきとも)
4枚のジョーカーに混ぜられたカードの行方を追いますが、どうしても当たりません。代わりにジョーカーの行方を当てようとしますが、最後はとんでもないことになってしまいます!
ホフジンザー・プロブレム(ゆうきとも)
4枚のJのうち、観客の選んだカードと同じマークのJだけが裏向きにひっくり返ります。さらに、そのJは観客のカードと入れ替わってしまいます!
フォロー・ザ・リセット(南部信昭/ゆうきとも)
4枚のJと4枚のAをテーブル上で少し離して置き、そのうちの1枚ずつを交換します。すると、残りの3枚もすべて入れ替わってしまいます。しかし、交換した1枚を戻すと、再び元の状態に戻ってしまいます!

特集:観客参加型の驚異の一致現象!

手を使ったDo As I Do
観客は演者と同じことを行っているはずなのですが、なぜか上手くいきません。
らくらくDo As I Do(ゆうきとも)
観客は演者は手元のデックを好きなところで分けて、お互いにカードを見せ合って覚えます。覚えたカードを確認してみると、見事に一致しています。
Criss Cross Do As I Do(2通りの方法)(Martin Gardner/Hubert Lambert/Bert Allerton)
観客、演者がシャッフルした手元のデックから自由に1枚選んだ後、デックを交換します。お互いに覚えたカードを確認すると、今度は一致していません。しかし、お互いのデックのトップカードが相手のカードと一致しているのです!

この号で収録されている技法・用語

フラッシュトレーション・カウント、ボトム・ブラフ・フォース、ブラフ・パス、スライド・スイッチ、ディミニッシング・カウント、フェロー・シャッフル

リセット、ホフジンザー・プロブレム、Do As I Do

南部信昭

John Bannon、Martin Gardner、Hubert Lambert、Bert Allerton


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-06 (木) 22:31:54 (3793d)