mML第17号

カルを使った頭脳派マジックを学ぶ!

【修得の難易度】★★★ カルを覚えたいなら、この一巻!

今月号では、カルという大変有効なカードコントロールの技法を解説しているほか、クライマックス付きの紙玉のルーティーンを徹底解説しています。

カルを使った作品としては「一致するカード」「サトル・サンドイッチ」「Sand-Which ?」を取り上げる他、カルという技法自体についても、注意点などを詳しく解説しています。

また、紙玉のマジックは、クライマックス付きのルーティーンで、ちょっとしたショーにも応用いただけるフル手順となっています。

クラシック・パームを使ったマジックを収録しているため、難易度は高めとなっていますが、逆にクラシック・パームを修得したい初心者の方には絶対のお勧めの一巻。クラシックパームだけで演じられるマジックを3作品収録しています!

【カードマジック】〜カルを使った頭脳派マジック!

一致するカード
マジシャンは予言として1枚のカードを取り出します。この予言カードを観客はデックの好きな場所に差し込みます。デックを広げると、予言カードの隣には、予言カードと同じ色、同じ数のカードが現れるのです。
サトル・サンドイッチ
観客が自由に選んだカードをデックの中程に差し込みます。そして、表向きになった2枚のカードもデックの中程に差し込みますが、マジシャンがおまじないをかけると、一瞬で2枚のカードは選ばれたカードを捕まえてしまいます。
Sansd-Which ?
マジシャンは4枚のキングで観客の選んだカードをデックの中から探し出すと言います。赤黒の好きなほうを選んでもらいますが、4枚あったはずのキングは目の前で一瞬にして2枚になります。そして、消えた2枚のキングが、観客の選んだカードを捕まえてしまうのです。

【紙玉を使ったルーティーン】〜クライマックス付きの手順

高級ティッシュ(クライマックス付き紙玉の手順)
マジシャンはティッシュペーパーでできた紙玉を使って、移動と消失現象を演じます。最後には、その紙玉が千円札に変化してしまいます。

この号で収録されている技法・用語

カル、ツーフォー・カウント

フェイクパス、シャトルパス、ポケットに入れた振り


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-11 (日) 14:35:55 (3744d)