mML第163号

【修得の難易度】★★「カード・アット・ナンバーの巧妙な解決法と、演じやすく進化させたヴァーノンの傑作を堪能する!」

 今月号は「カード・アット・ナンバーの巧妙な解決法と、演じやすく進化させたヴァーノンの傑作を堪能する!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。

まず、はじめにご紹介いたしますのは、リズミカルなカードの交換現象が持ち味の「ワラルー」です。 mML161号でご紹介したマックス・メイビン原案の「レラティヴ・インターチェンジ」を母体に、よりコンパクトにして、より説得力を増し、さらに圧巻のクライマックスを付加したゆうきとも氏によるバリエーションです。 是非、レパートリーに取り入れてみてください。  そして「フォーカード・ナンバー」は、観客がランダムに決めた数字の枚数目のカードを用いて最終的にフォーオブ・アカインドが揃う豪華な手順です。 トリックの核となる原理で、ダイス3個の合計数をコントロールする、ゆうき氏の考察に注目です。 詳しくは映像で、じっくりと学んでください。

 そして「ミニカクテル」は、ダイ・ヴァーノン原案の名作「カクテルカード」を基にした作品です。 観客が選んだカードの破片を手探りで見つけ出してしまうトリックで、不可能性が非常に高い現象であるにも関わらず、タネは驚くほどシンプルです。 ゆうき氏が、より演じやい形に変更を加えました。 ほぼ即席で演じられ、比較的大人数にも見せられるため重宝することでしょう。

 そして、「トリプル・コイン・トゥ・カード」は、マイケル・ルービンシュタイン原案の、1枚のコインのシンプルな飛行現象です。 ゆうきとも氏が、ユニークなラストを追加しました。 誰も予想のつかない、破天荒なクライマックスに観客は思わず笑ってしまうことでしょう。

 「ゆうきとものオススメ書籍」のコーナー、今回は「カード・カレッジ・ライター」を紹介しています。 弊社でも、既にベストセラーとなっている一著です。是非、ご覧くださいませ。  そして「実践派のためのクイックマジック」のコーナーでは、「ペネトロコイン」を紹介しています。 一風変わった容器の中に観客のサイン付きのコインが移動します。古き良き傑作をお楽しみください。

特集:リズミカルなトランスポジション!

ワラルー(Max Maven/ゆうきとも
マジシャンは、A、2、3の3枚のカードをテーブルに並べます。 これらの3枚が、次々と手元の赤のカード3枚と入れ替わります! 最後は、A、2、3の3枚と赤3枚が一挙に入れ替わってしまうのです! そして、よく見ると4枚のAの間に裏向きのカード3枚が挟まっており、その3枚は観客3人の選んだカードなのです!
フォーカード・ナンバー(ゆうきとも
マジシャンは2人の観客の前に1枚ずつ予言のカードを抜き出します。 まず、1人に数字を決めてもらい、その枚数目のカードを抜き出します。 もう一方の観客には、よりランダムに数字を決めるため3つのサイコロを振ってもらい、合計数で数字を決めてもらって、その枚数目のカードを抜き出します。 これらの選ばれたカードと予言のカードを合わせると4カード(フォーオブ・アカインド)が揃うのです!

特集:コインが何度もカードの下へ!

ミニカクテル(Dai Vernonゆうきとも
4枚の中から裏向きで観客に1枚を選んでもらいます。 残り3枚は重ねて半分に破いてしまい、破片を全て紙袋の中に入れます。 観客が選んだカードも半分に破ってもらい袋の中に入れてもらいます。 この状況でマジシャンは手探りで観客の選んだ1枚の破片を取り出して当ててしまうのです!
トリプル・コイン・トゥ・カード(Michael Rubinstein)
目印として選ばれた色のシールをコインに貼ります。 このコインがマジシャンの手元からテーブルのカードの下に飛行します。マジシャンはこれ繰り返します。 そして最後も同様に飛行したように見えますが…シールがありません。 シールは意外な場所に集まっていたのです!

特集:ゆうきとものオススメ・マジック

カード・カレッジ・ライター

特集:実践派のためのクイックマジック

ペネトロコイン

この号で収録されている技法・用語

Max Maven、Dai Vernon、Michael Rubinstein


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-21 (日) 16:18:44 (89d)