mML第13号

ダブルリフトを極める!

【修得の難易度】★★★ 応用範囲の広いダブルリフトを覚えたいなら、この一巻!!

Vol.13ではダブルリフトを極める!ということで、ダブルリフトを利用するマジックを取り上げています。ダブルリフトといえば、皆様ご存じの技法かと思いますが、「うまく演じられる」という方はなかなか少ないのではないでしょうか。このダブルリフトを徹底解説したのが今月号です。

単にダブルリフトと一口で言っても、デックからダブルリフトする場合と、少枚数のパケットからダブルリフトを行う場合では、使用する技法も異なってきます。

ですので、今月号では、シチュエーションに応じた、いくつかのダブルリフトの方法を徹底解説しているのです。 「ダブルプッシュオフ」という技法の解説も収録されていますが、これは、4枚のパケットからダブルリフトを行う際に利用できる技法なのです。

さらに、前田知洋師がよく用いる、ダブルリフトの『スタッドタイプ』に関しても、詳しく解説しております! すでに、ダブルリフトをご存じの方も、これから覚えるという方も、是非一度目を通してみてください!きっと、新たな発見があると思います。

また、コインマジックからは古典ともいえる「スペルバウンド」と、そのクライマックスに利用できる「メタモルフォセスチェンジ」を解説しています。 今回は、通常の「スペルバウンド」の手順をゆうきとものタッチで発展させ、より簡単に、より効果的に演じる手順を解説しています。(もちろん、通常の手順についても触れています。) また、スペルバウンドのクライマックスに「メタモルフォセスチェンジ」を利用するというのは、ゆうきともならではのタッチ。比較的簡単にできるものの、非常に効果の高い技法ですので、是非とも、その手順を覚えていただきたいと思います。

初級者の方から上級者の方まで、必見の一巻です!

【Live映像はこちら】:http://www.youtube.com/watch?v=B_WoxnB9mkw ※Youtubeのサイトへ飛びます

【カードマジック】 〜ダブルリフトを極める!〜

クイックチェンジ〜Al Leech
自由に選ばれたカードを、デックの真中に混ぜます。ところが、マジシャンは一瞬で選ばれたカードを出現させてしまうのです。
クリップチェンジ
自由に選ばれたカードを、デックの真中に戻します。トップカードを示すと、それは当然違うカードですが、そのカードをクリップに留め、テーブルに立 て、デックを弾いて風を送ると、観客が選んだカードに変化してしまいます。
ラストトリック〜Jacob Daley&Milbourne Christopher
スペードとクラブと思っていたはずのカードが、いつのまにかハートとダイヤに変化しています。(※デイリーの方法、クリストファーの方法、クリストファーの方法の改案、ゆうきともの方法の4つをDVDでは解説しています)
プレフィギュレーション〜Larry Jennings&Tom Ogden
|・マジシャンはよく混ぜたデックから予言のカードを抜き出します。そして、観客が好きなところでカードを配るのをストップし、好きな山を選ぶことができたにもかかわらず、フォーカードが揃ってしまいます。

【コインマジック】 〜スペルバウンドを極める!

スペルバウンド&メタモルフォセスチェンジ〜John Cornelius
マジシャンがコインをなでるたびに、コインは銀貨から銅貨に、銅貨から銀貨に次々と変化します。最後には、マジシャンは手を触れずにテーブル上のコインを変化させます。

この号で収録されている技法・用語

ダブルリフト、スタッド・ダブルリフト、ダブル・プッシュオフ、スイベル・カット

スペルバウンド、メタモルフォセスチェンジ

ラストトリック

Al Leech、Jacob Daley、Milbourne Christopher、Larry Jennings、Tom Ogden、John Cornelius


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-11 (日) 13:57:12 (3822d)