mML第131号

【修得の難易度】★☆クライマックスのある「ユニバーサルカード」と一味違う「インビジブルデック」の使い方を学ぶ!

 今月号では、「クライマックスのある『ユニバーサルカード』と、一味違う『インビジブルデック』の使い方を学ぶ!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。  古典名作トリックデックである「インビジブルデック」(ウルトラメンタルデック)は、以前にVol . 48でも使用していますが、今回はより正統的な使い方の発展形として、ダイレクトな予言現象に用いる方法をご紹介いたします。通常ですと観客のカードを聞いた後でカードケースからデックを取り出すという手続きを踏みますが、「ロジカリー・インビジブルデック」では、あらかじめケースから出したデックをテーブルに置いておくことができます。 このアイデアは氣賀康夫氏によるもので、インビジブルデックの自由度を高め、オープンなスタイルで行えるようにする画期的なものです。また、デック自体のセット方法も、シンプルで間違いづらい方法を紹介しています。  「ユニバーサルカード」のプロットは、Vol . 52で「マスク」という作品を取り上げていますが、今回の「バニシング・ユニバーサル」は、最後にユニバーサルカード自体の移動現象を組み込んだ作品となっています。裏の色の違うカードを使うことで、基本の現象自体もさらに分かりやすく、面白く表現されています。  「バースデーカード」は、演出の力で場を盛り上げる作品。軽いマジックではありますが、パフォーマンスとしての「マジックの力」を如実に感じさせるものとなっています。観客がたまたま誕生日だった、というシチュエーションで、覚えておくと助かる作品でもあります。  「選ばれた品物」は、カード以外のアイテムを使った即興的かつ数理的なマジックです。2段目ではマジシャンも引っかかる巧妙さを秘めています。  恒例、「実践派のためのクイックマジック」「ワークショップ」のコーナーもございます。

特集:より完璧な使い方を目指して!

ロジカリー・インビジブルデック(氣賀康夫/ゆうきとも
赤裏デックから1 枚のカードを観客に選んでもらいます。あらかじめテーブルに出しておいた青裏デックを広げると、1 枚だけひっくり返っているカードがあり、それが観客のカードなのです。今度は、マジシャンが別のカードをデックの中でひっくり返しておきます。そのデックを見えるところに置き、観客には、自由に1 枚のカードを言ってもらいます。デックの中でひっくり返しておいたカードを見てみると、なんとそれが、観客が自由に思ったカードなのです!
バニシング・ユニバーサル(Bruce Cervon/ゆうきとも
青裏デックからランダムに出した3 枚のカードの上に赤裏のジョーカーを置きます。おまじないをかけると、ジョーカーは映し鏡のように、他の3 枚のうちの1 枚に変化してしまいます。ジョーカーは、続けて第2、第3 のカードにも変化します。役目を終えたジョーカーは、パケットから完全に消えてしまい、元通りデックの中程から現れます!
バースデーカード(ゆうきとも
その日が誕生日の観客に1枚のカードを選んで覚えてもらい、デックに戻して混ぜてしまいます。観客のために皆で「ハッピーバースデートゥーユー」の歌を唄いながら、リズムに合わせてカードを配っていきます。配り終えたカードを見ると、それが観客のカードなのです!

特集:振り向きざまにズバリと当てる!

選ばれた品物
1、2、3 のカードを番号札として並べ、財布・紙幣・トランプなどの小物をそれぞれの位置に1 つずつ置きます。マジシャンが背を向けている間に、観客が自由に1 つの品物を選び、その「番号」の回数だけ、それを隣の品物と入れ替えます。マジシャンは振り向きざまに、観客が選んだ品物をズバリ当ててしまいます!さらに再びマジシャンは背を向け、3 つの品物の位置を観客が好きなように混ぜてから、同様に行ってもらいますが、それでも選ばれた品物を言い当ててしまうのです!

特集:ワークショップ

こでもシルバー&カッパー(mML第12号より)

特集:実践派のためのクイックマジック

ドロップノット

この号で収録されている技法・用語

氣賀康夫、Bruce Cervon


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-13 (日) 21:34:18 (610d)