mML第128号

【修得の難易度】★☆〜★★パーム不要、ノー・スライトで財布に飛び込む驚異の「カード・トゥ・ワレット」を学ぶ!

 今月号では、「パーム不要、ノー・スライトで財布に飛び込む驚異の『カード・トゥ・ワレット』を学ぶ!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。

 「カード・トゥ・ワレット」(財布に通うカード)は、カードマジシャンの憧れの現象の一つでしょう。ですが一般的な方法は特殊なワレットが必要な時点で敷居が高く、また方法論がダイレクトで技術的にも難易度が高いなど、なかなか大変なマジックであるのも事実です。そこで今回は、より巧妙な方法によって比較的易しく演じられ、しかも技法の匂いを感じないため魔法のように見える珠玉の傑作アイデアをご紹介いただきました。財布自体もお手持ちの普通のもので演じられるため、実用的です。デックから選んで覚えたカードが一切の痕跡を残さず完全消失し、いつの間にか財布の中の、さらに厳重に封じ込めた封筒の中に飛行しています。ぜひお試しください。

 ほかにも実践的なカードマジックを2手順収録。ほぼ1つの易しい技法を繰り返すだけで、予想外の現象が起こり続けるパケットトリック「メキシカンモンテ」。そして、あまりにも有名なため逆に当教材ではご紹介の機会を逸していた名作「ポップ・オーバー・トレイズ」を元に、さらにひねりを加えて原案をご存知の方も驚くように構成した「トレイズ・オーバー・ザ・ポップ」。両者ともに「使える」作品ですので、ぜひ実践活用いただければ幸いです。

 コインマジックからは「銅貨、それとも銀貨」という変わったタイトルの作品を紹介しています。タイトルだけでなく内容も風変わりで、2種類のコイン3枚ずつを混ぜ合わせたにもかかわらず、選ばれた1種類のコインだけが全て消失・移動したり貫通したりするものです。現象が選択的に作用する点が、不思議さを増幅している感があります。

 恒例の「ワークショップ」「実践派のためのクイックマジック」コーナーもございます。ぜひ、隅々までお楽しみください。

特集:カード・トゥ・ワレットが普通の財布で!?

カード・トゥ・ワレット(Tom Sellers/Vanni Bossi)
マジシャンは財布からクレジットカードを取り出します。 観客の手でシャッフルされたデックをファンに広げ、観客がストップと言った場所にクレジットカードを差し込み、その場所のカードを覚えてもらいます。 デックを再度シャッフルし、1枚ずつ配っていくと、なぜかカードは51 枚しかなく、観客のカードは見当たりません。 消えた観客のカードは、なんと財布に入った封筒の中から現れるのです!
メキシカンモンテ(Nick Trostゆうきとも
2枚のジョーカーと1枚のハートのクイーンを示し、観客にはクイーンを追ってもらいます。 クイーンは、表向きかと思ったら裏返ったり、はたまた表向きのエースと瞬間に入れ替わったりと、予想外の動きを見せます。 さらには一瞬3枚ともクイーンに変化したかと思いきや、次の瞬間には3枚ともジョーカーとなってクイーンは消えてしまいます。 クイーンは再び現れ元の状態となりますが、最後は、一番上にあるはずのクイーンが中央に移動し、裏の色まで変わってしまいます!
トレイズ・オーバー・ザ・ポップ(ゆうきとも
観客に1枚のカードを選んでもらいます。 残りのデックを配っていき、好きなところで止めてもらいます。 そして配った山を、観客が選んだカードの数字に応じて、さらに配り分けてもらいます。 すると、全ての山の一番上から3のカードが現れ、選ばれたカードと合わせて4枚の3のカードが揃います。 さらに、各山から3枚ずつ配って山を作ると、すべての山の一番上から、4枚のエースが現れます!

特集:選ばれしモノに起こる奇跡!

銅貨、それとも銀貨(Brooks Conner Jr.)
銀貨3枚、銅貨3枚を互い違いに混ぜ合わせて、この6枚のコインのスタックを左手に握ります。 観客に、銀貨か銅貨かを選んでもらいます。 左手のコインをテーブルに叩きつけると、なんと、選ばれた方のコイン3枚だけが、テーブルを貫通して通り抜けてしまうのです!

特集:ワークショップ

インプロンプトゥ・ワイルドカード(mML第82号より)

特集:実践派のためのクイックマジック

あなたは5の山を選ぶ

この号で収録されている技法・用語

Tom Sellers、Vanni Bossi、Nick Trost、Brooks Conner Jr.


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-13 (日) 21:33:06 (1481d)