mML第125号

【修得の難易度】★☆〜★★☆ポール・カリーの知られざる名作を学び、「ベンソン・ボウル」の原点を探る!

 今月号では、「ポール・カリーの知られざる名作を学び、『ベンソン・ボウル』の原点を探る!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。

 ポール・カリーと言えば、「アウト・オブ・ディス・ワールド」や「パワー・オブ・ソート」などの考案者として大変に有名です。また、これらの原案は名作であるとともに「大作」であることでも知られますが、今回ご紹介する「ザ・プロブレム・オブ・カード13」は、上記の2作に勝るとも劣らない隠れた名作であり、かつ同種の「カリータッチ」が貫かれた大作です。複数の観客に、カードを数枚ずつ直観により選び出してもらって、裏向きのまま抜き出していく…これから果たして何が起こるのかと「謎」により観客を引き付け、そして「え、まさかそんなことが…」と、予感とともに徐々に全貌が明らかになる、この感覚こそがまさにポール・カリーならではの持ち味です。格調高く、壮大なスケール感を持ったエフェクトを、ぜひご堪能ください。  ほかにカードマジックでは、巧妙な原理とおしゃれな演出が楽しめる山田直弘氏考案の「トランプの大予言」、独自技法も学べる奇抜な現象の「ピップポップ」の2作も収録しております。

 そしてもう一つのテーマ、「ベンソン・ボウル」です。ボールではなくボウル、お椀のことで、和製カップ&ボールである「お椀と玉」に通じるものですが、カップ(お椀)1個だけで行います。通常、ボールを3個使って演じるものが一般的ではあるのですが、今回は元々の原案を尊重し、ボール2個の手順を解説しております。クラシックであり、一度は手がけていただきたい名作ですので、ぜひチャレンジしていただければと思います。

 また「ベンソン・ボウル」を今回取り上げたことに合わせまして、「実践派のためのクイックマジック」のコーナーでは、「スポンジボール」のショートルーティーンを解説しております。「スポンジボール」は最も観客に受けるマジックの1つですが、これまで、このmonthly Magic Lessonでは敢えて取り上げておりませんでした。初めての方はもとより、ご存知の方も、ぜひ見直してみていただければ幸いです。

特集:ポール・カリーが創り出した13枚の一致!

ザ・プロブレム・オブ・カード13(Paul Curryゆうきとも
マジシャンはデックから裏向きに1 枚のカードを抜き出します。 残ったデックを小分けにしながら、観客に数枚ずつカードを選んでいってもらい、最終的に12 枚のカードを選び出します。 選ばれたカードを見ていくと、なんと、全てのカードがハートのマークで揃っています! そして最初のカードをめくると、それがハートの最後の1 枚なのです!
トランプの大予言(山田直弘)
デックから適当に抜き出された8 枚のカードを、さらに観客の指示に従って裏表を混ぜてしまいます。 たまたま裏向きとなったカードを抜き出すと、その合計が、あらかじめ用意された予言と一致します。 さらに、予言をよく見ると、そのデザインで4 枚のカード自体が全て完璧に予言されていたことが分かります!
ピップポップ(南部信昭/ゆうきとも
ダイヤの3のカードの3つのマークに注目してもらい、カバーカードでフタをして、そのマークがジグザグ状に移動するところをイメージしてもらいます。 カバーを外すと、なんと、本当にマークがずれています! これを元に戻し、真ん中のマークを引きはがすと、カードはダイヤのエースと2のカードに分裂してしまいます!

特集:シングルカップの「お椀と玉」!

ベンソン・ボウル(Roy Benson/ゆうきとも
2個のスポンジのボールが、1個ずつ順に、伏せたお椀の下に移動してしまいます。 今度は、マジシャンと観客が1個ずつ手に握り、お椀の下に移そうとしますが、意外にもボールは観客の手の中に移ってしまいます。 ボールをポケットに何度しまっても、繰り返しマジシャンの手の中に戻ってきます。 最後は、2個とも手から完全に消えてしまい、お椀の下から現れます。

特集:ワークショップ

ワンコイン・ルーティーン(mML第57号より)

特集:実践派のためのクイックマジック

スポンジボールの実践手順

この号で収録されている技法・用語

Paul Curry、山田直弘、南部信昭、Roy Benson、ゆうきとものスプリット技法、スポンジボールのリテンションバニッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-13 (日) 21:31:59 (1199d)