mML第114号

【修得の難易度】★☆〜★★オフビートな予言トリックと時間をテーマにした異色の演出を学ぶ!

 今月号では、「オフビートな予言トリックと時間をテーマにした異色の演出を学ぶ!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。

 オフビートとは、元は音楽(ジャズ)の用語のようですが「通常とはちょっと外れた」といった意味合いでマジックでも使われています。今回は、予言は予言でも、真正面から不可能設定に取り組むというよりは、通常のコースから絶妙にずれていく、そのギャップ・意外性の面白さを含んだ作品を取り上げました。「究極の予言」は、極言すると「置いておいた予言のカードそのものを観客が引いてしまう」という、稀に見る独特なコンセプトです。また「クオドラプレックス」は、予言の前提となる一致現象が微妙に失敗したのかと思いきや、その間違い自体が正しく予言されていることが示されます。いずれも観客から必ずや強い反響のある作品となっております。

 もうひとつのテーマは「時間」です。「タイムマシーン」では、時間を遡らせることによって状態が元に戻ってしまいます。実際に起こっている現象とは別の角度からの「解釈」によってエフェクトを際立たせる、まさに演出の勝利と言うべき珠玉の小品です。一方「クロックトリック」は、カードで時計の文字盤を形作り、観客が心に思った時間と、その時刻のカードを当ててしまいます。巧妙な原理もさることながら、こちらも演出の力により観客の印象を強めている点が強みです。古典の原理ですが、ゆうきともならではの実践的な形に仕上げられた手順をご紹介します。

 トークレクチャーのコーナーでは、前号に引き続き、方法面からの手順の組み方について語ります。「パッケージ化」や「パケットアディション」などなと、様々な具体的テクニックを紹介しておりますので、ぜひお役立ていただきたいと思います。

特集:予言は、裏切らない!

究極の予言(Yuji村上)
マジシャンは、裏面に「予言」と書かれた赤裏のカードを裏向きのままテーブルの見えるところに出します。 それから、青裏デックを表向きにした状態で、観客に1 枚選んでもらいます。 マジシャンが、このカードが予言と一致しているか見るべく、予言のカードに目をやると、いつの間にか予言のカードが姿を消しています! そして、選ばれたカードを裏返すと、なんとそれが赤裏で「予言」と書かれているカードそのものなのです!
クオドラプレックス(Nick Trost
4分割したカードの束を観客に混ぜてもらった後、さらに観客の指定に従って表裏をばらばらに混ぜてしまいます。 広げてみると、裏向きのピースが4 枚です。 それが、あらかじめ置いていた紙に予言されています! さらにその4 枚を表向きにしてみると、ひとつのピースだけ惜しくも違うピースです。 しかし、それさえも見事に予言されているのです!

特集:トランプで行く時間の旅!

タイムマシーン(Roy Walton/Steve Freeman)
曲がるストローをまっすぐに引き伸ばし、水平に持って下から手をかざします。 すると、マジシャンの手から発する念力によって、ストローは、目の前でゆっくりと、徐々に曲がっていくのです!
クロックトリック(ゆうきとも
観客に、好きな時刻を頭の中で思ってもらい、その枚数をひそかにカードケースにしまってもらいます。 12 枚のカードを環状に並べて時計の文字盤を作り、観客に、先ほど決めた時刻のカードを見て覚えてもらいます。 マジシャンは観客が思った時刻も、覚えたカードも当ててしまいます! さらに、観客自身があらかじめよけておいた1 枚のカードが、選ばれるカードを見事に予言していたことが示されます。

特集:トークレクチャー

手順構成に役立つ具体的方法論ついて

この号で収録されている技法・用語

Yuji村上、Nick TrostRoy Walton、Steve Freeman


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-29 (水) 17:08:39 (1859d)