mML第110号

【修得の難易度】★☆インパクトの強いカード当て「カードスタブ」を研究し現象面から見た手順のまとめ方を分析する!

 今月号では、「インパクトの強いカード当て『カードスタブ』を研究し、現象面から見た手順のまとめ方を分析する!」と題しまして、計4手順をご紹介いたします。

 「ワンス・イン・ア・ナイフタイム」は、紙ナプキンで包んだデックに観客がテーブルナイフを突き刺すという操作が特徴的で、特に体験した観客には忘れられない印象を残すものです。ショーにふさわしい、格調高く本格的なクロースアップマジックです。一方「スポッティング・ザ・スポット」は、同じカードスタブ系とは言え、予想外の展開で驚きと笑いを生む作品となっています。演じる状況によって使い分けても良いですし、また両者を続けて演じても相乗効果をもたらします。

 また、貫通現象をテーマにした2つの作品も取り上げております。「アナザー・リボン・ペネトレーション」は、絶対不可能な設定に挑戦するパズリックな傑作で、眼の肥えた観客でもとことん不思議がらせる力を持っています。「アルティメット・ペネトレーション」は、透明な素材の特性を活かしてクリアーな効果を作り出したコインマジックです。目の前で貫通する過程が見える点はまさにビジュアルです。強烈な錯覚をご堪能ください。

 トークレクチャーのコーナーでは、前回に引き続きショーの手順構成について語っていきます。今回は「現象面」での手順のまとめ方を、大きく2つに分類し、例とともに詳しくご説明いたします。

特集:テーブルナイフでカードスタブ!

ワンス・イン・ア・ナイフタイム(Frank Garcia)
観客のカードを戻したデックをナプキンで包みます。この状態で、観客にナイフを突き刺してもらい、分けられたところのカードを見ると、なんとそこから観客のカードが見つかるのです!
スポッティング・ザ・スポット(Leslie May/南部信昭/ゆうきとも
デックから1枚のカードを観客に選んで覚えてもらい、デックに戻します。マジシャンはそのカードを当てようと、デックにナイフを差し込んでその場所のカードを観客に示しますが、惜しいことに、数字が1つ足りないカードです。しかし、ナイフをふと見ると、そこにカードのピップが現れていて、カードにあてがうと観客のカードに見えるのです!さらに、ナイフからピップが消え、カードを見ると本当に観客のカードに変わっています!

特集:盲点を突いた鮮烈な貫通現象!

アナザー・リボン・ペネトレーション(Dr. A. H. C. Van Senus)
リングとリボンを観客に調べてもらった後、紙袋の縁にリボンの両端が見えるように洗濯バサミで固定します。この状態で、リボンの中央、そしてリングを紙袋の中に入れ、マジシャンが何やらごそごそと行うと、なんとリボンの両端はずっと見えていたにもかかわらず、リングがリボンの中央に通ってしまっているのです!
アルティメット・ペネトレーション(Alexander de Cova)
マジシャンは透明なプラスティックバッグの中に3枚のコインを入れます。この状態で、1枚ずつコインを貫通させて中から取り出してみせます! 最後のコインはいったん外に出した状態から、なでるだけで再び中に入れてみせます!

特集:トークレクチャー

現象面から見た手順のまとめ方について

この号で収録されている技法・用語

Frank Garcia、Leslie May、Jean-Jaques Sanvert、Dr. A. H. C. Van Senus、Alexander de Cova

南部信昭


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-20 (火) 20:55:15 (1862d)