手品用語

手品は発祥が欧米諸国であるため、日本人にはなかなか耳慣れない横文字が多く存在します。ここでは代表的な手品用語を解説します。基礎的なところからできるだけ網羅していきますので、初心者の方から上級者の方までご利用下さい。

クロースアップマジック系

デック

一組のトランプのこと。通常はA〜Kまでの4つのマークが全て揃っている状態を指すが、数枚のカードが抜けた状態でも、デックと呼ばれることが多い。仕掛けのあるデックは、トリックデックと呼ばれる。

パケット

数枚のカードの集まりのこと。厳密に定義はされていないが、一般的には2〜10枚程度の枚数がパケットと呼ばれる。少数枚のカードだけを使ったマジックを、パケットトリックと呼ぶ。

パック

パケットよりも多い枚数を指す。通常は、デックを2〜4つの山に分けた時に、それぞれをパックと呼ぶことが多い。デックから特定のカード(例えば4枚のAなど)が抜かれた場合、残りのデックのことを、パックと呼ぶ場合もある。

トップ

カードマジックでは、デックを裏向きにした時に、一番上のカードのことを指す。トップカードとも言う。

ボトム

カードマジックでは、デックを裏向きにした時に、一番下のカードのことを指す。ボトムカードとも言う。

関連リンク


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-10 (水) 13:48:00 (3141d)