マジックショップmonthly Magic Lesson Shoppersは、世界中から厳選したアイテムをお手頃価格でお届けします。


 
会員情報へ
 

  並べ替え:     [ 商品名のみ ] [ 商品名と画像 ] [ 画像のみ ]







 売れ筋ランキング 


[ 商品コード ] SP001

【不可能への挑戦!】天変地異(by脇坂将太)〜マジシャンでも不思議がるカード当て!〜

価格  2,500円(税別)

ポイント還元!50ポイント還元



書籍・冊子(日本語) 宅急便のみ 商品価格は、2,500円(税込2,700円)です!


※「宅急便指定商品」です。クロネコDM便ではお送りできません。

アイコンのご説明


マジシャンでも手がかり皆無!不可能なカード当て!

全ての可能性からありえないものを消去すると、不可能が残る!


現在は大阪のマジックバーを中心に活動中のプロマジシャン、脇坂将太氏のレクチャーノートです。
下記の作品が収録されています。


何ができるの?

不可能への挑戦
観客に調べてもらい、よく混ぜてもらったデックから、まったく自由に1枚のカードを抜き出してもらう。
さらにどこから取ったかも分からないよう、残りのデックを揃えて、シャッフルしてもらう。
その後覚えたカードをデックに戻してもらい、存分に混ぜてもらう。
マジシャンはデックを受け取り、選ばれたカードを当ててしまう。
セットアップ(システム)、マークトデック、フォース、コントロールなど、観客が想定しうる可能性を
ことごとく排除した上で、それでも成立する「不可能な」カード当て。

Far from Eye, Far from Heart
観客にデックをよく混ぜてもらう。
その中からまったく自由に数枚のカードを抜き出してもらい、そのうちの1枚を心の中で思ってもらう。
それらのカードをデックに戻し、演者と観客でよく混ぜてしまう。
観客にいくつかの質問をして、選ばれたカードをずばり当てていく。

ワキワキ・カードロケーション
いわゆる「ワイキキカードロケーション」と「トライアンフ的現象」を複合させた掟破り的な作品。

Do as I DO
2組のデックを使い、観客に演者の真似をするように言う。
カードを混ぜたり配ったりした後、お互いに1枚のカードを覚える。
デックを交換し、先程覚えたカードを抜き出す。
真似が完璧だった証拠に、観客は演者とまったく同じカードを選んでいる。

Dr.Joseph Bell
2人の観客に、デックを半分ずつ渡す。
それぞれをよく混ぜてもらい、演者が後ろを向いている間に、観客の「どちかか」が
手元の山から適当な枚数を持ち上げて、その枚数を数えてもらう。
そして、その山のトップカードを、もう一人の観客だけが見て覚える。
そのパケットが中に埋もれるようにデックを集めてもらう。
マジシャンは観客の方に向き直り、デックを確認する。
そして、2人のうちの「どちらの観客が」「何枚のカードを持ち上げたか」
さらに、もう1人の観客が覚えたカードも、全て当ててしまう。

Ten Card Poker Deal
10枚のカードを使って、2人でポーカーを行うが、まず、演者が混ぜて配ると演者が勝つ。
次に観客が混ぜて配るが、それでも演者が勝ってしまう。
3回目は、観客が配った後に観客に「いかさまをしてもらう」と言って、手札から1枚を選んで
マジシャンの手の中の1枚と交換してもらう。
しかしマジシャンは「観客から送り込まれたカード」が何であるかを当ててしまう。
そしてマジシャンもイカサマをすると言って、同じような操作をすると、
観客の負けとなる。

Simple Elimination
デックから自由に抜き出され、ケースに入れられた1枚のカード。
マジシャンは、それが何であるかを、残りのデックを見て「単純な消去法」で当ててみせる。

Scramble Card Trick
よく混ぜたデックのトップから数枚のカードを持ち上げてカードケースに入れてもらう。
マジシャンは、その枚数が何枚かを当てるのみならず、その数枚が何のカードであるかも
全て当ててしまう。

Deluxe Edition
デックの中の1枚のカードにの裏にサインをしてもらう(表は見ない)。
それをデックに戻し、デックを表向きにしてよく混ぜてもらう。
観客にデックを配ってらったりカットしてもらったりしてカードを減らしていく。
最後に残った1枚が、裏に観客のサインがあるカードになっている。


ここがポイント!

脇坂氏が「マジシャンが見ても分からないマジックがしたい!」という思いでたどりついた答えの1つが
ここにあります。
ある、特別なデックを使います。

トリックデックなのですが、既成のものではなく、レギュラーデックから自作できるものです。
作るのも、そう面倒ではありません。
作り方から、詳しく解説されています。

この56ページほどのレクチャーノートは、そのトリックデックの使い方を研究した成果であり、
様々なアイデアと、不可能性の高い良質のトリックが詰まった作品集となっています。
なにより、知識と経験、双方の豊富さから紡ぎ出される氏の考察が素晴らしく
作品構成上の理論的側面や思考の経緯から、演技・見せ方の工夫と言った実践面での問題解決に至るまで、
多くのことが詳しく語られていますので、種々の意味で参考になる内容となっています。

なお、トリックデックと言っていますが、これは切ったり貼ったり(ショートカード・シックカード含む)
といった方面の加工ではありません。
ラフや粘着物なども使用しません。
基本的にレギュラーデックが1組あれば製作でき、カード構成を組み替える類でもありません。
完成した「トリックデック」は、まったくレギュラーデックと変わらずに使用できるもので、
いわばレギュラーデックをバージョンアップさせる工夫と言って良いでしょう。
レギュラーデックの特性を全く損なうことがないので普段から普通に使用できて、
いざという時にここに書かれた手順に活用できる、というものです。
特殊な専用デックをわざわざ持ち歩くという話ではないところが、実用的です。


こんな方にオススメ!

惜しむらくは、この冊子を先に読んでしまうと、これらの作品を実際に見せられたときの
恐怖にも近いほどの不思議さを、皆さんご自身はもう体感できなくなってしまうかもしれないということ。
その代わり、皆様の周囲の人たちに、ぜひ、その強烈な効果を味合わせてあげてください。

不思議さ重視のカーディシャンの方。
難しいテクニックよりも頭脳的な操作を好まれる方。
最近、周囲の手品の見方がなんかマニアックになってしまって、あまり引っかかってくれない、とお嘆きの方。

お勧めいたします。


セット内容

・レクチャーノート 1冊(日本語。A4判・約56ページ)



関連商品


マークスマン・デック



ルージュ・マークトデック(ROUGE Marked Deck)



ウッディランド(DVD4巻組・日本語字幕あり)



リマーカブル・カードマジック(Remarkable Card Magic by Boris Wild)DVD3巻組




システム・ブレイクダウン



SYSTEM



ESP By The Numbers



S.U.M.デック




戻る



    特定商取引法に基づく表示     お問い合わせ     ご利用環境